中島みゆきさんのあどけなさとしたたかさ

中島みゆきさんのこの頃の写真も好きですね。

新譜ジャーナルより

当時の解説には、
少女と娼●の二面を演じる、と書いてあります。

画像




















引用すると、

みゆきさんのステージには、一種独特の純和風の臭いが立ち込める。

それは彼女自身の少女のようなあどけなさと、

内に秘める娼●のようなしたたかさを持ち合わせている、

あるいは

演じてしてまうスゴサにあると思う、

と。


むずかしいことはわからないけども、

当時、アザミ譲のララバイからしばらくはみゆきさんに

ハマりました。

LPもずいぶん買いました。

・・そうだ急に「ホームにて」を聞きたくなった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック