フォーク雑誌にも 長岡氏の記事

オーディオファンでは知らないひとはいなかった長岡鉄男さん。

先生と呼ばれた長岡さんの記事は、若輩の我々にはまったく

理解できないほどの詳細な手作りオーディオ記事などを得意と

してましたね。

1970年代は空前のオーディオブームで、

以下の若の者向けフォーク雑誌「gets」にも寄稿しなくてはならない

ほどの時代で、

今見ると、なんともいえない初歩的なことを

丁寧に書いてます。

POWER・・電源、
VOLUME・・音量  とか。

画像























でも随所に、抑えるべきポイントを散りばめているあたりは

今見てもためになりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック