バス座席の窮屈さ、なんとかならんの

当方、欧米の男性の平均身長はあると思っています。

観光バスの座席ひざ元スペースが実に窮屈。

多分160cmを超える人はつらい。

30分も1時間も乗ったら、特に180cm以上は苦痛。

歴史的には、学校の遠足で一クラス40名から42名+

職員は乗れるように

設計されたのだと推測してます。

今は少子化でありながら、座席間隔の改善に乗り出さない。

最近はとバスに乗りましたが基本変わってなくがっかり。

ちなみに、ハワイで乗った観光バスの座席スペースは、

日本より快適でした。


で、外人が日本に押し寄せる昨今も、深夜バス以外は、

観光バス側に変更はなく、

20190723_080913.jpg

あれから半世紀も経つというのに、外人さんが窮屈そう。

観光客誘致しておきながら、

既成概念を打破できないバス会社とのアンバランス。

国が推奨するおもてなしには程遠いのだから、

国などで基準をつくれば良いと思う。

ただ、悲しいかな日本人は総じて小さいから熱が入らない。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック