視聴覚的欲求を満たした昭和の"もの"

押入れアーカイブスより、

SONY JACKAL。定価¥61,800-

若い世代の方には、何やら、テスター機器のように見えると思います。

ソニーJACKAL.jpg

簡単にいうと、

テレビ映像が見れる液晶画面、

カセットテープで音楽・会話などの録音・再生、

ラジオ(FM/AM)機能があり、

側面に、この手の機器にしては大型のスピーカーを搭載して

いるものです。

若者の視聴覚的欲求を満たす"もの"としては、

コンテンツ数の差が大いにあるにせよ、

発想は、電話機能無しのスマホと同じです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック