Super Chief(スーパーチーフ)の運航Report 1941

スーパー・チーフ(Super Chief)は、

1936年から1971年まで

サンタフェ鉄道 (AT&SF)がシカゴ(Chicago, Illinois)と

カリフォルニア州ロサンゼルス(Los Angeles, California)間に

運行していた代表的な大陸横断の旅客列車(Wikiさんより引用)。


SuperChiefの運航に密着したレポート記事が

手元にある1941年のCLICKの載ってましたので一部紹介します。


Super Chiefの運転席、雰囲気あります。
DSC00725.jpg



Super Chiefの外観。「SANTAFE」がいい。
DSC00724.jpg




時期は戦前だけど、計器類がしっかりしてます。
DSC00726.jpg




コロラド州のラ・フンタに到着。
DSC00727.jpg




左写真は、線路上の駅長さんとhoopの引き渡し。

右は、AM4:30、機関車に続くのはレーシングトレイン。
DSC00728.jpg


1941年当時は、シカゴ、ロサンゼルス間の所要時間39時間49分!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック