つんぼさじきが解禁か

先日、ラジオで、

当時、つんぼさじき、というフレーズのために自主規制が強まり、

長らく放送禁止、発売禁止になっていた曲が解禁になりそう、との情報。

業界の変化のような話として紹介された。



もともと、芝居小屋の舞台から見て、

よく聞こえない遠くの桟敷(さじき)席という

日本の大衆文化の中の言葉。


平成さんに紹介しておきますと、これ、足掛け半世紀も前の出来事です。


1974年レコーディングの曲を一部紹介。

♪テレビはいったい誰のためのもの

見ている者はいつもつんぼさじき

気持ちの悪い政治家どもが 勝手なことばかり言い合って

時には無関心な僕でさえが 腹を立てたり怒ったり

そんな時 僕はバーボンを抱いている


改めてみると、000_04.png

昨今、ネット社会になってからのテレビのイメージが

一方通行で勝手なことを流している、と話題になりますが、

半世紀前に書いた詩が

すでにピッタリではありませんか。


自主規制前、発売当時のアルバム広告より(掲載:guts)。

このアルバムの1曲目「ペニーレインでバーボン」がそれ。
DSC01868.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック