"沢田研二"の記事一覧

都市遊泳 沢田研二さん

押入れアーカイブスより、 都市遊泳読本キュー。 これは、隔金刊の雑誌で創刊号。 トップにもってきたインタビューは、沢田研二さん。 都市遊泳者にピッタリだったのでしょう!? 和やかにインタビュー。

続きを読むread more

コロナと戦ったのはブルーバード

長年、コロナと戦ったのはブルーバード。「BC戦争」とも言われた。 8代目新型コロナ(T150/T160)の登場は、常に撃退体制にあるブルーバードに至上命令が出る。 迎撃用ブルーバードは、7代目のU11型を製造して迎撃態勢に入った。 撃退心を露にはできないCMでは、 やさしく、あかるく、たのしく、沢田研二さんを起用し、 BE…

続きを読むread more

掲載された写真の数がすごい

ザ・タイガースのジュリーから沢田研二さんまで、雑誌に掲載された写真の数のすごいこと。 現代は、雑誌の数が少ないので時代背景かもしれませんが、 それにしても、 手持ちの押入れアーカイブスで見る限り、 ネット画像で見る限り、 とんでもなく多い沢田研二さんです。 押入れから、たったの4枚ですが紹介します。

続きを読むread more

樹木希林さんは印象深い

押入れアーカイブから紹介できる樹木希林(悠木千帆)さん。そごうで開催していた「樹木希林 遊びをせんとや生まれけむ展」が先日終わりました。 結構、晩年に掛けてのかっこいい希林さんの展示だったと思います。 個人的には、若くして腹が据わった女。何事も積極的な女性、という印象です。 1983年ごろ、すでに別居中だったあの「ロックンロー…

続きを読むread more

スーツでタンバリンはかっこいい

"J"の向こうにいる沢田研二さん。以前も書いた気がします。着ているスーツが極上のウール地のよう。 わずかにグリーン色が混ざってる?グレーのスーツ。その色に合わせた絶妙のワイシャツもグリーン。 少しのぞいているペイズリー気味のネクタイもGOOD。 1960年代後半でこのハイセンスなコーデはスタイリストが居たのか? 当方は知らない。 …

続きを読むread more

みんなで歌おう? 時の過ぎゆくままに

えー、1970年前後はフォークソングというジャンルの曲が流行り出しまして・・、、と書かないと若者にはわからない。 当時、フォーク系の雑誌が多数ありました。押し入れアーカイブスから、そのひとつ「ヤングフォーク」から1曲紹介します。 そうこちらはフォークではなく、沢田研二さんの楽曲。 「みんなで歌おう」という雰囲気のフォークの雑誌…

続きを読むread more

25歳に賭ける

押入れアーカイブスより、沢田研二さん。いいねぇ、25歳の時に言ってみたかった。「GSアイドルから、おとなのタレントへ脱皮する~」とあるのは、1971年11月の取材記事。 そして、その12月にシングル「君をのせて」でソロでデビュー。そうです、ソロデビューしてからももうすぐ半世紀、まだまだエネルギッシュ!

続きを読むread more

沢田研二さん 白のスーツ

スーツ生活何十年。買ったスーツは数知れず。特に30代から50代にかけては、贅沢したわけではなく、体形の変化も相俟って、結果的にたくさん買いました。 でも、上下白なんてスーツは買ったことはないです。そりぁ、それでカバンを持って通勤したらおかしいでしょ。 ここで、沢田研二さん。奇抜な衣装もおおいけどスーツでのステージや番組登場は数知れず…

続きを読むread more

アポロン音楽工業とカセットテープ

アポロン音楽工業(株)。1971年にナベプロなどが出資して創立。1990年に(株)アポロンになるも経営は厳しく1996年には(株)バンダイミュージックエンタテインメントに。しかし2000年には解散。 となると概ねカセットテープ全盛だった時代に栄華を誇ったことになりますね。 この写真は、我が家の押し入れアーカイブスより沢田研二さん(ジ…

続きを読むread more

半沢克夫さんが撮る沢田研二さん

押し入れアーカイブスより、MUSIC MAGAZINEの掲載写真をご紹介します。 この号では沢田研二さんへのインタビュー内容が多数です。あとは、この時点で話題だったTOKIOに纏わる話題などが書かれてます。 半沢さんが撮る写真いいですね。この沢田研二さんの表情を捉えたカットは格別。 こちらも半沢さん。

続きを読むread more

1975年のある日劇

1975年にフォークのプリンスと言われた吉田拓郎さんのコンサートチケットは1200円でした。 こちらは、S席2800円の日劇ってすごいな。 テレビでしか見れない沢田研二/ドリフターズ/アグネス・チャン/キャンディースなどが登場するんですから当然だったのかな。。 当時のものを、押し入れアーカイブスから一部紹介します。 …

続きを読むread more

1922年生まれの丹波哲郎さん

少年だったけど、キーハンターの丹波哲郎さんのファンだった。 なんというか、そう、ボスとしてのかっこよさ。 残念ながら10年以上前に亡くなってます。 丹波さんは1922年、この7月生まれだそう。 丹波さんネタを調べようと押し入れアーカイブスを 探していたらこちらの冊子を発見。 丹波さん、松坂慶子さん、沢田研二さんという豪華…

続きを読むread more

C-C-C 安井かずみ/ザ・タイガース

安井かずみさんを認識したのは1970年代に 吉田拓郎さん繋がりで。 生涯4000曲の歌詞を色々な歌手に提供してきたのだから すごいひとであります。 時はもっとさかのぼり1968年にはザ・タイガースの C-C-Cを作詞してます。 当時としてはある意味奇抜な詩が印象的です。 さて、 …

続きを読むread more

沢田研二さん イラスト

沢田研二ヒット全曲集なるこのページは 月間平凡の歌本。 そこのイラストはあべまりあさんのもの。 知る人ぞ知る、あべまりあさん。 平凡のほか、多くの少女雑誌等にイラストを提供しました。 …

続きを読むread more

沢田研二さんにはスターが似合う

下の写真などはまさに、そのとおり。 スター型に輝くひかりっていいですよね。 スターゆえに、普通の光さえもスターに変えてしまう、といったほうが 正しいもしれません。 次の写真は、カメラ知識を申しますと クロスフィルターというものを一眼レンズな…

続きを読むread more