"アート"の記事一覧

BAYER 1958

バイアーと読んではいけません、 ドイツ発のバイエルです。 有名なバイアスピリンの会社でもあります。 だいたいどんな痛みにも効きます、って書くと 今ならちょっと過大広告っぽいけど・・。 まあ、頭痛鎮痛剤って、今と同じで、昔からそれなりに 効いたんだろう、と思います。 広告全体はこちら↓

続きを読むread more

若い、キレイ、ヒカッてる

す、すごいな、 自分はすでに経年劣化したと言っているうちの相方、 もとのつくりが違う気がしますが・・、 とにかく 若い、肌がキレイ、ヒカッてる、うらやましいと言っています。 川口春奈さん。 ~~~~ アマゾンさん掲載の写真集 ↓ 。 川口春奈 写真集 『 haruna3 』 - 川口 …

続きを読むread more

PLAYBOY誌より アート的な×2枚

画像深夜便 当ブログでは珍しい2000年代のPLAYBOYさんより。 もうこのころになると更にアートのような写真が多いです。 PLAYBOY誌が重ねてきた実績を 常に超えようとするカメラマンの意識が アートの域になっていくのでしょうね。 プレイボーイ誌からの出典。 このモデルさん、ちょっとお…

続きを読むread more

バクテリアではなく素敵なブランド広告 ×5枚

時期的に先日は、 大腸菌のO111が話題でした(O157とは別のやつ)。 また今は、コロナ禍だし、 なんだか 見る側の意識が、細菌やウイルスに敏感になってます。 以下の、小さく写ったジュエリー写真をみても 右上は特に、バクテリアに見えた。。 実は、センスの良い素敵なブランド広告です。 ×5枚 拡大画像…

続きを読むread more

続アート 1965

やっぱりそうです。 昔は男性を喜ばせるような意識より、 撮る人があくまで、アートタッチに傾倒している感じです。 そして、ポーズやセットも、現代とは違うところも ビンテージ感を持たせてくれます。

続きを読むread more

アート 1965

現代も昔もモデルさんの写真に変わりないのに 古いものになるとアート的に魅力が増します。 よくわからないけど、ボディモーションや表情など モデルさんも カメラマンも アートの意識が強い時代だったかもしれない。

続きを読むread more

埴輪が宇宙人のわけない・・

日本の埴輪が宇宙人とか、 土器の模様がアート過ぎて 異星人の影響があるとか言うひとがいるけど そんなこたぁ、 ・・あると思います。 意図的に偶像造ろうと思ってもここまでは・・、 ファスナーか透けた内臓?、指3本。 現代アートの域、 こらちも、透けた内臓?、そして指3本。…

続きを読むread more

アートだよね

Max掲載が画像。 昔、著作物としてわいせつか、アートか、みたいな 裁判があったね。 この画像なんか、アートと言われれば納得しちゃう。 もっときわどくても 時代的にはもう、美的センスがあればアートになっちゃう 気がします。

続きを読むread more

THE ART OF TRAVELの日本の描写

これ有名じゃなかったかな。 1959年掲載の「THE ART OF TRAVEL」の一部。 竹、柳、竹、盃、着物、日本髪、ある意味 よく書けています。が、、 なんで、片肌を脱いで、 両胸を出してるの? こちらが全体構成。 わずか60年前ですけどね。

続きを読むread more

両面見れるレコードフレームを自作

市販のレコードフレームはほとんど額縁形式で、 裏ブタ付きの壁掛けばかり。 ほしいのは、スタンド形式で裏も表も見えるフレーム。 売っていないので自作中で、あと一歩まできました。 裏と表の好きな面を見れるし、LPレコードを上の溝から ストンと落とせる簡単セットが特徴。 …

続きを読むread more