"吉永小百合"の記事一覧

ニキビ顔の吉永小百合さん

押し入れアーカイブスより、 吉永小百合さん。 このブログで小百合さんを取り上げるのはもう14回目。 いつもきれいな小百合さんだけども ニキビが多かった時代もありました、とわかる写真です。 吉永小百合さんのニキビ 白く塗っているのは、「あゝひめゆり部隊」のロケで、灼熱して飛び散ったマグネシウムが顔に掛かり、幸い1cm四方のやけ…

続きを読むread more

視聴覚的欲求を満たした昭和の"もの"

押入れアーカイブスより、 SONY JACKAL。定価¥61,800- 若い世代の方には、何やら、テスター機器のように見えると思います。 簡単にいうと、 テレビ映像が見れる液晶画面、 カセットテープで音楽・会話などの録音・再生、 ラジオ(FM/AM)機能があり、 側面に、この手の機器にしては大型のスピーカーを搭載して …

続きを読むread more

サユリストにはたまりませんね

押入れアーカイブスより、吉永小百合さん。 一度、28歳の結婚式の写真を載せましたが、 こちらも、28歳前後の吉永小百合さん。 落ち着いた感があり。左は仮面ライダーになったひと。 仮面ラ・・、いや、藤岡弘さんとはこんなシーンも。 失礼ながら、いまだに信じられないお相手という印象。小百合さんの表情はもう大人の女性。 これらの…

続きを読むread more

サユリストにはめでたくもあり悲しくもあり

吉永小百合さんを知らないひとはいない、なんて世代ももう高齢で、若い人は少ないかもしれない。 このブログでは何回も取り上げてますが久しぶりに押入れアーカイブスより、吉永小百合さんです。 まずは、28歳でご結婚したことを伝える写真。 下の説明では、S48年(1973)ご結婚。両親の反対を押し切って、親子の縁を切ってまでもと岡田さんに嫁…

続きを読むread more

いっとき、そのカテゴリーの雄だったんですけど

外国人観光客が増えたせいか、よく見ます。首から一眼レフカメラを下げて電車に乗っている。SONY、CANONあたり。 でも、当方も含めて日本人のデジカメ派は減っている実感してます。 取って代わったのは、スマホさん。デジカメは、レンズのバリエーションなどが魅力。 けども、だいたい無難に撮れるスマホさんの登場で隅っこに押しやられたかたち…

続きを読むread more

小百合さん メイク

若き日の吉永小百合さんの写真は、 その後の小百合さんとは ちょっと違うような、 でも眉毛のラインとメイクの違いだけなのだろうか。 リアル世代ではないのでよくわからない。 それにしてもジュリーこと沢田研二さんの 二重まぶたなんかきれ…

続きを読むread more

どうしよう吉永小百合さん

リアル世代じゃないのに 特に若い頃の小百合さんにしびれますね。 総じて、昭和の女優や歌手は美人が多く て感心するけども吉永小百合さんはやはり 別格かもしれない。 うちにあった古い近代映画の表紙を紹介 します。 画像検索などで今の…

続きを読むread more

ソリッドステート77のSonyを応援

古い雑誌広告を見ると世界のSonyを思い出す、 といったら、 今のSonyに失礼かもしれないけども、 商品といい、広告といい、1967年当時での この発想とセンスが、 ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズが憧れた ”Sony”だと思う。 下の写真は、1967年の平凡パンチの裏表紙に 掲載され…

続きを読むread more

少し褐色顔の吉永小百合さん

雑誌の表紙を飾った回数は数知れず、 近代映画だけでも何度となく登場した 女優の吉永小百合さん。 笑っていいとも最終回でも話題 になりましたが、 今なおご活躍ですね。 手持ちの近代映画に載っている吉永 小百合さんは、 画像検索してもなかなか…

続きを読むread more

SONYのMDRヘッドフォンを使っていた

写真はもう成人してる家族の一歳児のときのもの。 さんざん愛用したのち、耳の部分のひび割れがひどくなり、 音はいいにも関わらずこどものオモチャにしてしまった。 ディズニービデオなど、兄弟が寝てしまった場合、起きてい る子がテレビ端子に接続して使用していた。都合、20年以 上使用したが音はまったく問題なく、SO…

続きを読むread more

和服の吉永小百合さんはお気に入り

検索サイトで吉永小百合さんの画像検索をすると、 それはそれはたくさん出てくること。 吉永小百合さんの同年代ではないけども、 和服姿の小百合さんは、結構お気に入りです。 小百合さんの和服や着物で検索してもヒットしない 写真を古物店で購入。 雑誌のページでもなく、写真紙でもなく、下敷きのような 厚さと大…

続きを読むread more

昭和38年に上映された若い東京の屋根の下、から

昭和38年(1963年)に上映された「若い東京の屋根の下」は、 当時の東京を忍ぶに充分な映像でたのしいです。 18歳の吉永小百合さんを見るのも楽しいけれど翌1964年の 東京オリンピックを前に経済・社会が発展している息使いが 感じられます。 オリンピック間に合わせようとする原動力が、1959年に首都高速…

続きを読むread more